社会人になって彼女ができる気がしないのはどうしてか?社会人が彼女ができない理由

恋愛

・社会人になってなかなか彼女ができない。
・社会人になって、彼女ができる気がしなくなった。

こんにちは!たくみ(@kotohairo)です🌱

社会人になってから彼女ができる気がしない感じがするようになったのはなぜなんでしょう?

学生時代は、女性と仲良く話すことができたり、彼女を作ることができた経験がある人もいると思います。

そんな学生時代のあなたと今のあなたに違いはないのに、どうして彼女ができる気がしないのか?

社会人になって彼女ができる気がしない原因は2つ

社会人になって環がが変わった
社会人になって、彼女が彼氏にしたい条件が変わった

からです。

原因を知れば、改善策がわかり、きっとあなたにも彼女ができるようになります。

社会人になって彼女ができる気がしない環境の変化の原因4つ


・社会人が恋愛に使える時間が減った
・社会人になって、女性と出会いが大幅に減った
・恋愛にする社会人女性の警戒心が強くなった
・将来のパートナーを意識して、彼女にしたい理想が高くなった

社会人が恋愛に使える時間が減った

社会人になって彼女ができる気がしないと感じる1番大きな原因として、恋愛に割ける時間が減ったことです。

社会人にとって、1日に時間を使うメインとして、お金を稼ぐために仕事する、

仕事の時間が基本的に8時間で、休憩を含めると仕事に使う時間が9時間がほとんどで、そこから残業もすれば、もっと仕事に時間を使いますよね。

さらに、通勤時間やお風呂やご飯などの日常生活をプラスすると、自由に使える時間がいくらあるのだろうか

僕の場合だと、1日24時間に対して、

・仕事:9時間
・通勤時間:2時間(往復)
・睡眠:7時間
・日常生活:2時間(ご飯やお風呂、準備を含める)

合計20時間

結果、僕が自由に使える時間は4時間だけ。改めてみるととっても少ないなって思います。

あなたの自由に使える時間は、何時間ありますか?

残りの時間を彼女を作るために使うにしても、仕事で疲れて余裕がなくて恋愛まで気が回らないので、彼女ができる気がしませんよね。

よくて、金曜日の夜から日曜日の夕方までなら、多少無理してでも仕事に支障は出ないかなと思ってます。

でも、恋愛ってすれば必ずうまくいくわけではないので、余計疲れてしまうのが本音。

誰しも自然と体の疲れを取るためにのんびりと体を休めることに時間を使ってしまうから、

意識して恋愛に割く時間を増やさないと、なかなか社会人は彼女ができる気がしなくなってきます。

社会人になって、女性との出会う機会が減った

学生の時は中学や高校、そして大学といった自然と新しい出会いの場所があり、沢山の新しい女性と出会えるきっかけがありましたが、

社会人になると仕事に行って、そのまま家に変えるという代わり映えのない生活をしていると

自然に新しく女性と出会うきっかけがほとんどなくなることが、社会人になって彼女ができる気がしなくなる一つの原因

自分から積極的に女性と出会う場所に行かないと新しい出会いは、友達の紹介以外あまり期待できないでしょう。

社会人になって彼女ができる気がしないのは、新しい女性と関わるきっかけが減ったからではありませんか?

3ヶ月以内で、プライベートで遊びに行ける女性と出会ったか振り返ってみてください。

あなたは何人いましたか?

出会いの場所があって、女性を選ぶ母数が多いほど、じっくりと選ぶことができるので、恋愛に対して彼女を作るのに余裕がでますよね

失敗したとしても、また新しい彼女を作るために行動すればいいだけなので。

出会いが途切れないというのは、彼女ができる気がしない感情をなくすことができます。

社会人女性が恋愛に対して警戒心が強くなった

社会人にもなると、彼女にしたいと思うモテるいい女性はそれなりに彼氏を作って恋愛を経験しています。

しかし、そんな女性が今彼氏がいないということは、

付き合っている時にお互い合わないと感じて、振ったか振られたかのどちらかですが、

振った場合は相手に嫌気がさして、付き合い続けるのが難しいと感じたから

振られた場合は、浮気をされたからなど、どちらにしても恋愛で失敗をしています。

女性の結婚したい年齢として、第一次結婚ラッシュは、25〜26歳。第二次結婚ラッシュは28〜29歳がとっても多いです。

理由としては、子どもが欲しいという理由で、30歳過ぎてからよりも30歳までに子どもを産む方が圧倒的に体が楽だからです。

第一次結婚ラッシュに間に合うようにするには、遅くても23歳くらいに彼氏を作らないといけません。

なので、社会人になると女性は結婚を見据えて彼氏を作るので、彼氏選びに失敗して、1から振り出しに戻るような時間を無駄にしたくないのです。

社会人女性は「この人で本当に将来いいのだろうか?」と結婚を意識した彼氏選びを女性たちはしているので、

社会人になって彼女ができる気がしないのは、女性の警戒心が強くなっているためです。

今までに恋愛の失敗した経験を踏まえて

次は恋愛に失敗しないようにだとか、悪い彼氏に引っかからないようにと、恋愛に対して警戒心が強くなるのです。

しかし、警戒心が強い女性の方が、しっかりと悩んで選んでくれるので、警戒心を解いて付き合った後、

あなたへの信頼度は高いので、別れにくい彼女になりやすい傾向にあります。

将来のパートナーを意識して、彼女にしたい理想が高くなった

iPhoneの新製品が出るたびに、まだ変えたばかりのiPhoneよりも新しいiPhoneが欲しくなった経験がありませんか?

他にも自分が好きなもののアップグレードバーションが出たら欲しくなった経験とか?

男というものは、スペックがより高いものや新しいものが欲しくなる傾向があるのです。

おっさんの話で武勇伝が多いのは、いかに自分がすごいか、スペックが高いかを自慢したいからです。

社会人になって彼女ができる気がしないと感じているあなたは、過去に1度は彼女ができて、幸せな生活をしていたと思います。

そんなあなたの心のどこかで、前に付き合った彼女よりいい彼女を求めているのではないでしょうか?

その気持ちは、別に悪いものではありませんが、あなたのいい彼女と思う相手に見合った自分に慣れているかどうかも重要です。

彼女ができたとしても、大切な将来の時間を使って、一緒にいてつまらない彼女と将来を過ごしていくよりも、

見た目も性格もよく、一緒にいて楽しい彼女と将来ともにしたいですよね?

いい女性と付き合いたいと思っていると同じように、いい男性と付き合いたいと相手も思っています。

社会人になって彼女ができる気がしないのは彼氏にしたい条件が変わった原因


・社会人は、かっこいいよりも落ち着いた清潔感のある身だしなみがモテる
・社会人の要。ある程度の経済力が必要になってくる
・どこに行くか?よりも誰と行くか?会話が重要になる。

社会人は落ち着いた清潔感のある身だしなみがモテる

社会人の女性が彼氏にしたい条件は、かっこいいよりも落ち着いた清潔感のある身だしなみの人です。

なので、無理にブランド品を固めたり、アクセサリーでおしゃれしたりとか、髪の毛をワックスでツンツンにしなくて大丈夫です。

意識するべきは、会社の社長にあっても恥ずかしくない身だしなみをすること。

女の子の親の気持ちとして、かっこいい男性を連れてきて欲しいわけではなく、安心できる人を連れてきて欲しいと願っています。

大事な子どもが親元を離れてお嫁に行くなら、幸せになって欲しいと願うのが親というもの。

相手の親のために身だしなみを整えるわけではありませんが、会社の社長に会えるような身だしなみを心がけると、失敗は少ないです。

清潔感のある身だしなみをしている人は、より相手に安心感のある印象を与えることができるので、

社会人になって恋愛の警戒心が高くなった女性の警戒心もすぐに解けるようになります。

経済力があると、社会人の彼女は将来を見据えたお付き合いができる

社会人の女性は結婚を意識しているとお話しました。

そのため社会人になって、彼氏に求める条件として経済力が追加され、遊びで付き合う以外は、付き合った先に結婚があります。

結婚するとなると、時間もお金も責任も二人で支え合っていくのはわかりますよね?

二人の問題なのに、相手の負担まで抱えて生活してくなんて到底無理ですぐに別れてしまいます。

実家暮らしでも彼女はできますが、一人暮らしの方が彼女ができやすいのは、

自立して自分のお金でやりくりして、家事もこなしているから将来を考えやすいからです。

経済力といっても、年収が1000万必要なわけではありません。

相手の理想によって変わりますが、一人暮らしをしながら貯金もできて、彼女ともデートに行けるくらいの経済力でも、彼女は作ることができます。

僕自身、保育士という労働に対して給料が低すぎると世間を騒がせている職業ですが、彼女はできています。

でも、将来のパートナーとの生活だったり、子どもができた時にディズニーランドに連れて行ってあげたい夢があるので、

経済力があれば、人生の選択肢が増えるので、経済力があればあるほど損はないですよ。

社会人になって彼女ができる気がしないのは、恋愛に使えるお金があまりかもしれませんね。

どこにデートに行くか?よりも誰とデート行くか?会話が重要になる。

学生時代の彼女とのデートは、未経験の場所に行くことが多いので、その場所に行くことが楽しいですが、

社会人になると、定番のデートスポットは、モテるいい女性は行き尽くしてることが多いでしょう。

モテるいい女性は、定番のデートスポットに行って楽しむことももちろんしますが、

デートスポットで楽しむというよりも、デートスポットに行った相手との時間を楽しむようになります。

デートスポットに行った相手のの時間が楽しいと感じるポイントは会話です。

正直、会話が上手くなって、女性をたのしませることができるようになれば、

お互いにどこに行っても楽しい時間を過ごすことができるので、恋愛において、会話のうまさは1番重要になってきます。

ディズニーデートに行くと、別れるという都市伝説として、

ディズニーリゾートは楽しいのに、待ち時間が長く、待ち時間の会話が弾まないからつまらなくて別れる説があります。

ディズニーデートの待ち時間は、相手と話すことしかできないので、待ち時間がつまらないと

ディズニーリゾートの楽しさ」と「待ち時間のつまらないさ」の振り幅が大きすぎて、相手と一緒にいることがつまらなく見える錯覚になるのです。

ここで、待ち時間ずっと会話ができなければいけないわけではありませんが、多少なりと、待ち時間が会話で楽しむことができれば、

お互いに居心地の悪い時間は無くなるでしょう。

ディズニーデートに限らず、観光旅行の移動中だったり、ご飯を食べに行っている時も

楽しい時間にするには、会話しかありません。

それくらい社会人になって彼女ができる気がしない感じから抜け出すには、会話スキルは重要になってきます。

社会人になって彼女ができる気がしない感じから抜け出すために

社会人になって彼女ができる気がしないのは、


・社会人が恋愛に使える時間が減った
・社会人になって、女性と出会いが大幅に減った
・恋愛にする社会人女性の警戒心が強くなった
・将来のパートナーを意識して、彼女にしたい理想が高くなった


・社会人は、かっこいいよりも落ち着いた清潔感のある身だしなみがモテる
・社会人の要。ある程度の経済力が必要になってくる
・どこに行くか?よりも誰と行くか?会話が重要になる。

環境と彼氏条件の変化が原因です。

社会人になって彼女ができる気がしない原因は、今からでも改善できます。

各項目ごとに、彼女ができる気がしない感じから抜け出すための改善策の記事をこれから更新しますので、

あなたも彼女ができる気がしない感じから抜け出してくださいね。